ファッション 着こなし提案

2020年春メンズモノトーンコーディネート【トレンド取り入れ方と着こなし方】

投稿日:16/03/2020 更新日:

 

こんにちは松野です。今回は2020年春夏に参考にできるメンズ、モノトーンコーディネートをテーマに記事を書きます。

 

今回の記事を読んで分かることはこちらの3点

・2020年、トレンドを取り入れてモノトーンコーデを組むポイントとは?

・着回しも楽。コーデを組む際に意識するポイントとは?

・筆者がおすすめするモノトーンコーデをポイントも踏まえてご紹介!

以上の3点がわかりますので是非ご覧ください。

 

ちなみにこちらを読んでいただきたい方はこちらのような方

 

・2020年、トレンド感のあるモノトーンコーディネートの組み方を知りたい方

・10、20代に合うメンズファッションを知りたい方

春夏に暗い雰囲気のあるモノトーンコーデって重くなりすぎない?という方も中にはいらっしゃるかと思いますが、筆者としては着こなし次第で春夏らしいコーデに組めるのでありという考えです!

 

是非、そういう考えもあるのか…という心持ちで気に留めていただけたら幸いです。笑

では本題に移ります。




2020年、トレンドを取り入れてモノトーンコーデを組むポイントとは?

 

では結論から申し上げますとポイントは2点あります。

 

・旬な白いパンツを軸にコーデを組む

・オフホワイトのアイテムを加えてグラデーションのあるコーデに組む

 

では早速それぞれをご紹介させていただきますね。

 

旬な白いパンツを軸にコーデを組む

引用元:https://wear.jp/

 

2020年春夏のトレンド感じる色は明るいビビッドなカラーが多いです。

ファッションコーデをコンテンツに扱うアプリ「ウェア」や、ドメスティック、インポートのブランドの20年春夏のルックでもホワイトのアイテムが目立ちますね。

 

そこでコーデに参考にするのは、ホワイトのワイドパンツ、ワイドデニムを使ったコーディネートです。

 

旬なアイテムでトレンド感を演出できる他、着こなしの幅も広げられますので一本持ってると便利ですね。

 

白のパンツですが、細身のスキニータイプではなく、ワイドシルエットでカジュアルなデニム生地のパンツだと合わせやすくお勧めです。

 

淡いホワイトのアイテムを加えてグラデーションのあるコーデに組む

引用元:https://wear.jp/

 

ホワイトを多めに使うことで色でトレンド感を演出できるだけでなく、ホワイトとオフホワイトで色にメリハリをつけることで「こなれ感」もしっかり演出できます。

 

こちらのコーデのようにホワイト多めでコーデを組む際は小物(バッグ、キャップ)やシューズで黒のアイテムを使ってまとめましょう。

 

着回しも楽。コーデを組む際に意識するポイントとは?

こちらも同じく結論からお伝えするとポイントは1点あります。

・ホワイトとブラックの割合5:5を意識する

こちらがポイントとなります。では解説させていただきます。

 

ホワイトとブラックの割合5:5を意識する

引用元:https://wear.jp/

 

先ほどご紹介したコーデは白と黒が5:5じゃなくない…?と思いの方もいらっしゃると思うので先にお伝えすると

 

「着回しを楽にするには?」という考えのためにはブラック:ホワイトを5:5にすると楽です。というのが主張です。

 

余談は置いておきまして、こちらのコーデのようにブラックとホワイト5:5でまとめるとキレイめなアイテムでまとめてもきまり過ぎないコーデにしっかりまとまりますね。

 

1つの基準として迷った際は試してみても良いでしょう。

 

筆者がおすすめするモノトーンコーデをポイントも踏まえてご紹介!

独断で選んだコーディネートを3点ポイントを交えてご紹介します。

 

これから具体的に春夏用にコーデを参考にしたい!とりあえず真似してコーデを考えたい!という方は是非チェックしてみてくださいね。

 

カジュアル×ゆったりシルエットが特徴なコーデ

引用元:https://wear.jp/

 

ホワイトの割合多めで、ゆったりしたアイテムを合わせてコーデ。

色とシルエットからトレンドが感じられますね。

セットアップで統一感出す他、革靴やレザーのバッグでしっかりバランスの取れた真似したい組み合わせですね。

 

小物使いがアクセント。モノトーン×モードな着こなし

引用元:https://wear.jp/

 

モノトーンの組み合わせにバッグ、ジャケットのデティールが輝く組み合わせですね。

シンプルになりがちなコーデにアクセントとして少し凝ったデザインのアイテムを組み合わせるとシンプル過ぎないお洒落な組み合わせになります。

 

革製品のアイテムをこちらのコーデのように取り入れるなら「Hender sheme」のバッグやベルト、キーアクセサリなど役立ちますね。

 

カジュアル×モードストリートなモノトーンコーデ。

引用元:https://wear.jp/

 

カジュアル、モード、ストリートな要素がバランスよく取り入れられたコーディネート。

モノトーンだとカジュアルよりなアイテムでまとめてもフォーマルなアイテムでまとめても偏りなく組めますね。

 

個人的にはバケットハットがある事で色のバランスが良くなっている気がします。笑

 

最後に

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

春夏にもお洒落を楽しめるモノトーンコーディネート。参考になる項目はありましたでしょうか?白パンを履きこなしてモノトーンコーディネートを組めればファッションの楽しみ方がまた広がりますので試してみてくださいね。

スポンサードリンク

-ファッション, 着こなし提案

執筆者:

 

関連記事はこちら


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

自己紹介

まつの


こんにちは。まつのと申します。
多趣味なので服やスケートボード、映画に時間とお金を費やす。こちらのブログでは私自身の趣味を軸に読者に役立つ情報を記事を通してお伝えします。